ブログ

2020年3月26日木曜日

オホーツク網走マラソン大会受付がまもなく始まります

網走もすっかり春めいてきました。
まだ雪がちらつくことはありますが、日中は窓から柔らかな日差しが差し込んできます。
庭に積もった雪もこの陽気で徐々に解け始め、辺りでは少しでも雪解けを早めるために雪割をするところも出てきました。

さて、4月に入ると網走の秋の大イベント「オホーツク網走マラソン2020」のインターネット受付が始まります。
コロナウィルスの影響で、東京2020オリンピックの開催もいろいろと揺れているようですが、今年もオホーツク網走マラソンにたくさんの方が参加して秋の網走を快走してほしいですね。

<オホーツク網走マラソン2020>

  • 開催日:2020年9月27日(日)雨天決行

  • 種 目:42.195キロ/5キロ/3キロ

  • インターネット申込:2020年4月1日(水)~7月10日(金)

    ※電話のエントリーは今年から廃止になりました。

2020年3月12日木曜日

知床雪壁ウォーク2020の中止

3月半ば、例年になく高い気温が続いています。
先週末は、大雪が降り除雪に追われる一日でしたが、この雪もこの暖かさで融け始めています。
今年は春がいつもより早くやってきそうです。
気がかりな新型コロナウィルスも、この雪解けと一緒に消滅してくれるといいのですが…。

新型コロナウィルスの拡大は、春の甲子園の開催が中止になるなどイベントの開催にも影響が出ています。
身近なところでは卒・入学式の規模縮小、公共施設の閉鎖、市が開催する行事などの中止が決まっています。
参加こそしませんが、毎年4月上旬に行われる「雪壁ウォーク2020」も今月早々に中止が決まりました。
毎年イベント終了後、知床峠の春の様子の写真が掲載されるので楽しみにしていたので残念です。

<知床雪壁ウォーク>

これは知床横断道路にある知床峠の雪の深さを体験するというイベントです。
峠付近までバスで移動、そこから雪壁に囲まれた道路を徒歩で移動します。
私たちの冬は雪に囲まれて生活していますが、人の背丈以上に積もった雪を経験することはまずはないので、雪国の人にも楽しめそうです。
雪にあまり触れることのない方にとっては、雪国の人以上に貴重な体験ができるイベントだと思います。

これから春に向かって北海道もいろいろなイベントが目白押しです。
一日も早く新型コロナウィルスが収まってほしいと願っています。

2020年2月27日木曜日

国の登録有形文化財(建造物)網走郷土博物館

2月の終わりを迎え、冬のイベントの営業をクローズするところが出てきました。
これから一時店じまいをして春夏のイベントに向けての準備というところでしょうか。

さて網走市内には、シーズを通して楽しむことができる観光スポットがたくさんあります。

各サイトの網走観光名所ランキングでは、博物館網走監獄が一番人気になっているようです。
実際に使用していた建物を見て触れて体験することができるのが人気みたいです。

その他、網走には博物館が3つほど点在しています。
どれも網走の歴史を知るうえで、とても見ごたえのあるものばかりですが、その中の1つ、網走郷土博物館が、この度、国の登録有形文化財(建造物)に指定されました。

昭和11年(1936年)に本館、昭和36年(1961年)に新館が建てられ、80有余年の歳月が過ぎましたが、現在でも現役として網走の歴史を後世に伝え続けています。

北海道を代表する建築家田上義也氏の設計としても有名で、赤い丸い帽子をかぶったような屋根は周りの木々の緑、冬は白の雪景色に映え独特の雰囲気を醸し出しています。

平成29年(2017年)には網走郷土博物館の分館「モヨロ貝塚館」もリニューアルしてよりいっそう網走の歴史、モヨロ文化を知るための博物館がパワーアップしました。

網走の観光には、網走郷土博物館・モヨロ貝塚館も加えていただいて、網走の歴史も知っていただければ幸いです。

2020年2月13日木曜日

網走レークビュースキー場オープン

今年の北海道は例年になく雪が少なく雪を利用したイベントも主催者は開催に苦労しているようです。
先週末に盛況で終わった「オホーツク流氷まつり」も雪像なし・開催日を短縮しておこなわれました。
来年はいつものまつりで盛り上がりたいですね。

さて雪不足のためなかなかオープンできなかった「網走レークビュースキー場」も、先週やっとオープンしました。

まだまだ雪が少ない為、利用コースが限定、時間も短縮しての運営されているようですが、スキー愛好家にとっては待望のオープンだった思います。
あとひと月、このゲレンデが利用できるかわかりませんが、可能な限り楽しみたいと思っています。

網走レークビュースキー場
  • リフト運行時間(平日):10時-17時
  • ロッジ利用時間(平日):10時-17時15分
  • リフト運行時間(土日祝日):9時-17時
  • ロッジ利用時間(土日祝日):9時-17時15分

2020年1月30日木曜日

第55回あばしりオホーツク流氷まつり

今年も2月に入ると網走の冬の大イベント「第55回あばしりオホーツク流氷まつり」が開催されます。

今年は、残念なことに、例年にない雪不足のため、メイン像を含めたすべての雪像がない流氷まつりになるようです。
テーマも「寄ってけ!食ってけ!遊んでけ!」と「食」「体験」をメインにした祭りになります。

主催者は、「雪像制作は中止となりましたが、今まで以上に内容が盛りだくさんです。ぜひ、例年とは違う流氷まつりをお楽しみください!」とコメントしていて、いつもと違った流氷祭りを企画しているようす。

雪像はありませんが、いつものように盛り上がりのある祭りになることでしょう。

  • 開催日: 令和2年2月8日(土)~令和2年2月9日(日)

  • テーマ: 「寄ってけ!食ってけ!遊んでけ!」

  • 場 所: 網走商港埠頭特設会場

  • 内 容: 花火大会、ヒーローショー、市民参加型カラオケ大会
※詳細は、こちら

2020年1月16日木曜日

網走湖ワカサギ釣り始まりました。

今年に入っても道東は雪不足となっていて、第55回網走オホーツク流氷まつりもメイン像を含む雪像無し、期間短縮で実施されるようです。

雪不足ではありますが、網走の冬の風物詩「網走湖わかさぎ釣り」は、予定通り5日より始まりました。

網走湖のワカサギ釣りは、すべてレンタルOKなので手ぶら行ってもワカサギ釣りが楽しめ、また釣りたてのワカサギをその場で天婦羅にして食べることもできるのでとても人気があるようです。

たくさんご来場いただいても、湖の氷は大丈夫ですので、ぜひ網走の冬の風物詩「網走湖わかさぎ釣り」を体験しにいらしてください。

尚、クローズは、3月中旬までになっていますが、網走湖の結氷状態によっては若干早まることもあるようです。

<ワカサギ釣り利用料金>
  • 遊漁料:大人 800円/ 小学生 400円
  • 貸し竿:200円
  • 仕掛:300円
  • エサ:200円
  • 穴あけ料:300円
  • 貸し椅子:100円
  • セット料金:大人 1,800円 / 小学生 1,400円
    【セット内容】遊漁料、貸し竿、仕掛け、エサ、穴あけ料、貸しイス
※予約は不要です。
※レンタル品の返却は、15時45分までです。

詳細は こちら

2020年1月1日水曜日

あけましておめでとうございます

昨年中は当サイト「ステイ北海道」をご利用くださいまして誠にありがとうございました。

今年も皆様にお役に立つ情報をより一層充実させてまいりますので、どうぞ「ステイ北海道」をよろしくお願いいたします。

2020年 元旦